ベビーマッサージとは

 

生まれたての赤ちゃんとのファーストコンタクト

 

生まれたての赤ちゃんと最初の意思疎通…それは

肌と肌を通じて行うタッチケア。


ベビーマッサージはお母さんが赤ちゃんと触れ合い、生命の尊さを実感することができる「心のコミュニケーション」です。

 

ベビーマッサージでは現代人が最も失いかけている「こころ」のありかたを、母子間の伝承育児方法を通じて再認識することができます。

 

誕生後すぐにタッチケアを通じたコミュニケーションを行うことで赤ちゃんは家族との絆を実感し心と体の様々な発育を促します。

 

ベビーマッサージの効果と目的

愛情こもった温かい手で触れられて育った子どもは、情緒豊かで心身共に安定し成長すると言われています。


ベビーマッサージには、赤ちゃんが健やかに育つという効果があるだけではなく、ママが育児において様々な気づきを得られるという効果も持ち合わせています。

 

ママが赤ちゃんに寄り添い、我が子の気持ちを感じ取ることで、信頼や絆を育むことができ、その結果、育児に対する自信とゆとりを得られることもベビーマッサージの目的なのです。

<具体的な目的・効果>

■便秘の解消

■夜泣きの解消

■脳の発達の促進

■身体の発達の促進

■母子のバーストラウマを癒す

■親の育児への自信とゆとり

■親子の強い絆づくり

■産後ママの精神・ホルモンバランス安定

※当ホームページ内の全ての文章や画像などの無断転載・無断使用を一切禁止します。